やかまし山のこどもたち

田舎で子どもとハッピーに暮らす。

パックの丸餅がつきたて餅に変身!!イチゴ大福の作り方

先日、次男が保育園でお餅つきをしてきました!
yakamashiyama.com

ただ、やっぱり保護者のお手伝いがないので、以前は持ち帰っていた、お餅のお土産はもらえませんでした…
そりゃそうですよね。先生方だけですもの。
しかも男性職員は園長先生お一人。

でもやっぱり兄妹達もお餅が食べたい!
ということで、真空パックの丸餅を買ってきました。


水に濡らしてレンジでチン!でつきたて餅

お餅は焼くと周りがパリッと固くなってしまいますよね。
それはそれで美味しいのですが、今回は柔らかいつきたて餅が食べたかったのでちょっと工夫してつきたて餅を再現しましたよ。

餅を水で濡らしてラップせずにレンジで1分

レンジから出すと、柔らかいところとまだ硬いところと、まだムラがあります。
f:id:mai_ko:20211204224602j:plain
なので、よく混ぜてもう一度レンジに30秒ほどかけると均一でふわふわのお餅になります。
f:id:mai_ko:20211204224544j:plain
まだムラが残るようでしたら再度混ぜて数十秒加熱してください。

片栗粉をまぶして丸めます

もう後は普通にお餅つきの時にやるように、取り餅粉をまぶして丸めていきます。
市販の丸餅4個から、小さい丸餅が7個取れました。

園で好評だったというイチゴ大福を再現!

お餅を平らに伸ばしてあんこをのせて、イチゴをのせて、イチゴ大福風!
f:id:mai_ko:20211204224409j:plain
普通のイチゴ大福は求肥を使うので皮も甘いのですが、味のついていないお餅でも十分美味しかったです。

長女はおかわりしたので合計4個も食べていました^_^;完全にカロリーオーバーです…
でも、最後に作っていた大福はスキルアップして和菓子のようでしたよ!
f:id:mai_ko:20211204224448j:plain

終わりに

求肥を作るよりも簡単で、大満足のイチゴ大福でした。
特に気に入っていた長女は今度はみかん大福に挑戦するそうです。
萌え断…には程遠いですが、今流行りのフルーツ大福を色々試してみるのもいいかもしれませんね♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

保育園おやつ 餃子の皮ピザ

連日保育園ネタが続きますが…
我が家の次男は保育園に通っています。
その園は、食育にも力を入れているのでおやつも手作りが多いです。土曜日保育の時だけは市販ですね。



保育園が楽しみになるおやつの時間

子ども達はおやつ、楽しみですよね。
次男も、朝いつも給食表をチェックして、

「今日はジャムサンドだ!」

などと言ってウキウキ登園しています。

今日はそんな保育園おやつの中で、おうちで再現してとても喜んでくれたものを紹介します!

餃子の皮ピザの作り方

f:id:mai_ko:20211201232048j:plain

材料

餃子の皮
ケチャップかピザソース
好きな具
チーズ

作り方

1.餃子の皮を天板に並べて、ケチャップかピザソースをぬる。

2.好きな具をトッピングしてチーズをかけて、焼く。

今回はオーブン200℃10分ほどでした。
オーブントースターでもいいと思います。
とっても気軽なピザの完成です⭐︎

f:id:mai_ko:20211201232112j:plain

子どもと一緒に楽しめてパリパリの皮がとっても美味しいですよ。


オススメの具

餃子の皮は小さいのでそんなにたくさんは乗りません。
オススメの具は、

ソーセージの輪切り
コーン
小さめに切った玉ねぎやパプリカ

あと、冬は長ネギが美味しいのでネギのスライスをのせてもいい感じでしたよ!

チーズはたっぷり乗せたものより、少しの方が、パリパリ感が損なわれずに、しかもキレイに焼き色がついて美味しかったです。

f:id:mai_ko:20211201232629j:plain

終わりに

同じ園に通っていた兄妹達にとっても保育園で出てきたおやつはなつかしかったようで、
「これ好きだったやつや〜!」
と小学生二人も喜んでいました。
一緒に作ると楽しいので、何よりの食育になりますよ。
ぜひお試しください♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 料理ブログへ

保育園のお餅つき大会

今日は、次男の通う保育園のお餅つき大会の日です。
我が家の子ども達はお餅が大好きです。
特に、つきたてのお餅はなかなか食べることができないのでうれしいですよね。


恒例は保護者参加のにぎやかお餅つき

毎年恒例のお餅つきですが、2年前までは保護者も参加してにぎやかに開催されていました。
お父さんはお餅つき要員。
お母さんはできたお餅を丸めていって、各クラス分に分ける係。
年長さんだけは自分で丸めます。

とっても人気行事で、毎年参加希望者がたくさんいるので抽選だったんですよ。

しかも、お手伝いすると保育園の給食が食べられというおまけつき。
私も、長女が年中の時に参加しましたが、とっとも楽しい時間を過ごさせていただきました!
f:id:mai_ko:20211203093201j:plain

昨年からのお餅つきには苺が登場!

コロナで集会が制限されてからは、保育園でも保護者を集めることが難しくなりました。
やっぱり保護者参加の行事は子ども達にも人気だったので、少しさみしいですよね。

そこで先生方、つきたてのお餅で苺大福を作るというお楽しみを考えてくださいました。
これはかなり好評だったようです。
f:id:mai_ko:20211203093113j:plain
年長だった長女が、
「うちでもやろう!!」
と言うので、

去年はもち米を買ってすりこぎでぺたぺたついて、なんちゃって餅を作りました。
お餅を平らにのばして、あんこと苺を包んだら完成!
滑らかさには欠けますが、おはぎみたいでなかなかいけました。

杵と臼でついたお餅で作った園児たちは、もっともっと美味しかったことでしょう。

今年もお餅つき大会には苺が登場するようです。
もう朝から楽しみすぎて、起きるのも準備もめちゃくちゃ早かったです。

かわいいなぁ^_^



終わりに

保育園の恒例行事、お餅つき。
小学校にはないので長男、長女はちょっとうらやましそうです。
週末は我が家でもお餅を買って苺大福を作ろうと思います。

手でつくのは大変だったので、買ってきた丸餅を蒸し直して、つきたてのお餅を演出しようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログへ

【レシピ】ゴボウの唐揚げ

こんにちは。先日の雨の後からぐっと寒くなりました。風邪など引いていませんか?
寒い日は、こってりとしたものが食べたくなりますね。
冬は煮込み料理や揚げ物の頻度が増える気がします。

今日はやみつきになるゴボウの唐揚げをご紹介します!
我が家の子ども達も大好きです。
どれくらい好きかと言うと、

「好きな食べ物は?」 
と聞かれると
「ゴボウ!」
と答えるほど。

お酒のおつまみにもオススメですよ〜
f:id:mai_ko:20211201225414j:plain



材料(全て適量)

ゴボウ
醤油
みりん
片栗粉
揚げ油

作り方

1.ゴボウは5センチくらいの長さにカットします。太いところはお好みで半分か、1/4の太さにする。

2.ゴボウを下茹でする。
太さにもよりますが、いつも5分くらいゆでています。

3.醤油とみりんを1:1で入れ、漬け込みます。
熱いうちに調味料をからめると味が早くに入ってくれます。

4.混ぜながらしばらくおくと調味料が染み込んでいきます。
水気をきり、片栗粉を適量まぶしたら170℃の油でからりと揚げます。
f:id:mai_ko:20211201225355j:plain
簡単ですが、とっても美味しいです。
ついつい作りながら味見がすすんでしまいますが、ガマンガマン…

ぜひお試しください!

最後までお読みいただきありがとうございました!


ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 料理ブログへ

実食!自家製ヘーゼルナッツ

先月、ヘーゼルナッツを収穫しました。
そのときの記事はこちら↓
yakamashiyama.com

そのヘーゼルナッツを先日ローストして食べてみましたよ。


めちゃくちゃ硬い!ヘーゼルナッツの殻

ほんの1.5センチくらいのサイズのヘーゼルナッツですが、その殻はめちゃくちゃ硬くてなかなか大変でした。

硬いからといってカナヅチなどでガツンとやってしまうと潰れてしまいます。

なんとかキッチンバサミの柄の部分のギザギザのところで(実際は栓抜き用にこのギザはあります)力いっぱいヒビを入れて割りました。
f:id:mai_ko:20211130175551j:plain

ローストは150℃のオーブンで5分ほど

なんとか全部割れたのでオーブンでロースト。

パリパリの薄皮は、食べる前に手で簡単に取れましたが、食べても気にならないくらいでしたよ。

f:id:mai_ko:20211201084655j:plain

採れたて、煎りたてのナッツは美味しい!!

お味ですが、すごく美味しかったです!
当たり前かもしれませんが、しっかりヘーゼルナッツの風味がありました。
おうちでナッツが採れたのは初めてだったので感動してしまいました。

我が家はナッツが好きで、子ども達もおやつにミックスナッツをボリボリ食べたりします。
なので大人は一つずつ味見し、残りは子ども達のお腹に入ってしまいましたが^_^;
f:id:mai_ko:20211201114035j:plain

保存の仕方

今回はほんの少量だったので一気に食べましたが、たくさん採れた場合は殻のまま保存するのがいいそうです。
殻をむいてしまうとその時点から酸化が始まります。できる限り食べる直前にむくのがいいそうですよ。
せっかくの良質な油やビタミンを含んだヘーゼルナッツなので、酸化してしまうと台無しですよね。

殻が硬いからあまり虫は入らないのかな?
我が家で収穫したものは全て穴あきのものはなく、キレイでした。

収穫したらよく洗って水に浸けておき、浮いたものや穴あきのものなどは省きます。
しっかりと乾燥させてから保存するといいようです。


終わりに

今年、初収穫を経験したヘーゼルナッツ。
ヘーゼルナッツには雄花と雌花があり、タイミングよく同じ時期に開花した時だけ受粉が成功するようです。
つまり、とても運がよかったんですね!

来年も収穫出来るかは分かりませんが、秋を楽しみに待ちたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

冬にうれしいあったかい飲み物 

今週のお題「あったか~い」

朝晩に加え、昼間も気温の低い日が続いて増えてきましたね。
今日は我が家で冬によく登場するドリンクをご紹介します。
体がぽかぽか温まりますよ!


子どもも大好きなホットハチミツレモン

冬になるとよく作るのが、レモンのハチミツ漬けです。
作り方はちょっと厚めにカットしたレモンをハチミツに漬け込むだけ。
柚子でもいいですね♪
トロリとしていたハチミツがサラサラになってきます。そうなるともうハチミツにしっかりとレモン味がついているのでドリンクとして楽しめます。
水で割ってもいいですし、炭酸で割っても美味しいです。でも、やっぱり冬はホットドリンクですよね。
お湯で割ると、あったかいホットハチミツレモンの出来上がりです。
f:id:mai_ko:20211130092826j:plain
まだ漬け込みが浅いときは、レモンの輪切りごとコップに入れて、絞りながらいただきます。
こちらもフレッシュな感じで美味しいです。


レモンの輪切りは紅茶に入れたり焼き菓子のトッピングに

レモンの輪切りは紅茶に入れると、甘いレモンティになります。
パウンドケーキやマフィンを作る時に、トッピングに使ってもかわいいですよ!

ハチミツレモンの効用

ハチミツが喉に優しいことはよく知られていますよね。
レモンも、ビタミンたっぷりで風邪の予防にはうってつけです♪
今年はもうすでにインフルエンザで学級閉鎖になったクラスもあると聞きました。
コロナもまだまだ気が抜けない状況ですので、
手洗い
うがい
ハチミツレモン

で冬を元気に過ごしましょう!!

終わりに

今年は寒くなることが予想されます。
あったかいハチミツドリンクで、ほっこりあったかい冬を過ごしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おもしろ算数 ストリングアート

先日、市が主催の子ども向けの算数講座でストリングアートというものを知りました。
子どもも食いついていましたし、大人も面白かったのでご紹介します。



ストリングアートとは

ストリングというのは糸のことです。

ストリングアートは、台に釘を等間隔に打ち付けて、そこにグルグル糸を巻き付けることで幾何学模様などを描くというアートです。


今回の講座では釘は使わずに、厚紙に切り込みを入れて糸を巻き付けていきました。

算数とのつながり

何が算数かというと、一つの法則に従って巻き付けていくと、いつのまにかハート型や空豆型の模様が浮き上がってくるのです。

つまり、直線を重ねていくことで、曲線が生まれてくる不思議を体験するというところが算数につながっているようです。

教科書で勉強するよりも手を動かして実体験することでひらめきや発見が生まれて算数に興味が出るという、とても素敵な講座でしたよ。
f:id:mai_ko:20211128084652j:plain

紙の上で簡単に再現

直線から曲線を作る面白さを体験するだけなら、紙に直線を描いていっても簡単に楽しむことができます。
f:id:mai_ko:20211128084847j:plain
こちら、わかりやすいように描きかけの絵です。最終的には四つ葉が描けます。
大きな円をコンパスで描き、中心を通って4等分にする線を描きます。
円周が48等分になるように点を描いていき、中心を通る直線は直径が24等分になるように点をうちます。

そして、隣り合う辺の点を結んでいくと図形が生まれます。

三角形や四角形など、いろんな図形で作れます。
f:id:mai_ko:20211129090918j:plain
f:id:mai_ko:20211129090920j:plain
上の写真はしずく型や三つ葉型です。
いくつか描いていると、だんだんと形が予想できるようになってきます。
どんな形になるか予想しながら一本一本線を引いていくのも楽しいものですよ♪



終わりに

算数が得意な我が家の長男は、とても興味をもってくれていました。
難しい計算などはしなくても、目で見て手を動かして数学的な思考にふれることで、楽しんで学んでいってくれたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ランキングに参加しています。
ポチっとしていただけるとうれしいです!
にほんブログ村 子育てブログへ