やかまし山 田舎暮らしと子育てブログ

兵庫の田舎での3人の子育て。田舎ならではの暮らしや植物の情報、子どもとの毎日について。

小2長女の自由研究決定!ちびカタツムリの観察日記


夏真っ盛りで家庭菜園が賑わっています!
きゅうり、オクラ、ピーマン、トマトが毎日たくさん収穫できていますよ!
そんな中、畑でミニミニカタツムリを発見しました。


虫嫌いだけど、かわいいものは好きな長女

長女は、大きいカタツムリは、ニュルニュルしていて苦手だったりします。
虫大好きな男の子2人に囲まれて育ちましたが、虫好きにはならなかった長女。
今年も次男がノコギリクワガタを捕まえましたが、触ろうともしませんでした。

しかし、小さくてかわいい赤ちゃんカタツムリは、
「かわいい!飼いたい!!」
と一目で気に入りました。

タツムリって何を食べるの?どうやって大きくなるの?

タツムリって何を食べるのでしょうか。
生き物に詳しい長男いわく、
アジサイは毒があるからカタツムリはあまり好きではないらしい」
「カタツムリは雑食だからコンクリートも食べるらしい」
とのこと。

トマトにいたのでトマトが好きなのかな?

ヤドカリと違って殻ごと大きくなるカタツムリですが、脱皮して大きくなるのでしょうか?

色んなハテナ?が出てくるので自由研究になりそうですね。
タツムリの生態はなかなか面白そうです!

なかなか決まらなかった自由研究のテーマですが、カタツムリの登場ですぐに決めることができました。

終わりに


長女が自分で決めた自由研究テーマ。
最後まで仕上げられるようにしっかりサポートしていきます!
まだ長い夏休みは始まったばかり。
3人が家にいると賑やかすぎて大変ですが、それぞれに充実した休みを過ごしたいものです。
みなさんも、楽しい夏休みをお過ごしくださいね!


【レシピ】小学生でも作れる!プチパン


昨日から我が家の小学生達は夏休みです。
長い夏休みがとうとうやってきましたね。
そんなタイミングで、次男の保育園にもコロナの波が…
今月2回目の濃厚接触者認定です。
また増えていますよね。第7波と言われていますがどうなるのでしょうか…

そんな不安もよそに、子ども達は元気いっぱい、ウキウキです。
昨日は、早速夏休みのお手伝いでパン作りを手伝ってもらいました!


ホシノ天然酵母種で作るプチパン

ホシノ天然酵母のパン種は、作ってから1週間ほど使うことができます。
イーストよりも風味がよくなるので私は好きで、よく使っています。
簡単なレシピをご紹介しますね。


材料

強力粉   250g
砂糖    15g(ハチミツでも美味しいです)
塩     4g
パン種   20g
水     130g(125gくらいから様子を見て足します)

作り方

1.材料をひたすらこねます。難しいことは考えなくても、のびがよくなってきます。手につかなくなってきたらオッケーです。

2.ボウルに入れてラップをしたら1次発酵。3倍くらいに膨らんできます。5時間くらい。
3.丸め直して分割し、10分ほど生地を休ませます。

4.しっかり丸めて天板に並べ、一回り大きくなるまで2次発酵。1時間くらい。

5.ちょっと切れ目を入れて焼きます。
210℃のオーブンで15分ほどで焼き上がり!
くっついてちぎりパンみたいですが…



おうちパンはアバウトで大丈夫

パンは難しいイメージがありますよね。
「パン作りは計量が大切!」
「0.1g単位できちんと計量して!」
なんて言われますが、家で食べるものなのでちょっとくらい大丈夫。
ふくらまなくなったりはしません。
むしろ、天然酵母のふくらみ具合はその時々で違います。
「ちょっと古くなってるから多めに入れよう」
とか、
「ちょっと足りないから粉もちょっと減らそう」
など、微調整しても十分美味しく焼けますよ!

大切なのは発酵の見極めでしょうか。
それも、天然酵母はピークが長いのでイーストのように過発酵で失敗することは少ないです。
時間はかかりますが、風味が良くて美味しいのでぜひ試してみてください!


売ってるパンより好評!

いつもは辛口評価の長男にも好評でした!
自分で作ると余計なものが入らないので、シンプルに天然酵母と粉の味を楽しめます。
アレルギー持ちの長男は、卵が少し入っていてもダメだし、添加物にもかなり敏感。
自然なものを美味しく感じる味覚が育ってくれたようなのでうれしいです♪
自然なものと言いつつ、おやつに食べたので、チョコレートを挟んで食べていましたが(^^)

終わりに

我が家は天然酵母を使い始めてからパン作りのハードルが下がってあまり市販のパンを買わなくなりました。
時間のある夏休み、ぜひチャレンジしてみてくださいね。



みんなでお揃いで染めた特別なTシャツ

今週のお題、捨てられないTシャツといえば、長男のTシャツを思い浮かべます。
2年生まで児童クラブに行っていたのですが、そこで夏休みに毎年作っていた思い出のTシャツです。


何年経っても意外と着れてしまうのがTシャツ


タイトな造りではないからでしょうか。
洗濯するうちに伸びてしまうのでしょうか。
Tシャツって意外と長期間着れてしまいますよね。

今はもう小5になる我が家の長男ですが、1年生の時のTシャツも着れてしまいます。
写真の右側なので、もう色褪せて模様も見えないくらいですが…
写真の左側、2年生の時のものは、6月まではばりばり1軍。ヘビーローテーションで活躍していました。
6月に2軍落ちしたのには理由があります。

自然学校で染めた藍染めTシャツ


今年、長男は自然学校の年でした。
これまでは1週間くらいの行事だったのですが、今年は2泊3日の短縮日程。
でも、その代わりに前後に自然学校的な行事をすることになっていました。
長男の場合、自然学校前に藍染めで全員おそろいのTシャツを作ってきました!
けっこう濃く染まっていていい感じ。

クラス全員でお揃いっていうのも、うれしいですよね。
今の6年生も去年藍染め体験をしたのですが、今でもみんなよく着て登校しています。

我が家の子ども達の通う学校は、田舎なので少人数。
30人程度の1クラスか20人程度の2クラスしかありません。
長男は1年生の時からずっと1クラスでめちゃくちゃ仲の良いクラスなので「おそろい」がうれしいんですよね。

長男もかなり気に入ったようで、児童クラブで作ったTシャツはあっという間に2軍落ちです。

染めて出せる色

染め物の色も親子そろって大好きです。
いいですよね〜、藍染めのこの色!
私も染め物が好きで以前枝豆染めをしたことがあります。
長男のTシャツも染めましたが、けっこう気に入ってよく着てくれています。
yakamashiyama.com

藍染めもしたいと思って藍を育てているのですが、家庭で出来るのは生葉染めなのでこんなブルーは出せません。
昨年染めたストールはこんな感じの色でした。これはこれでいいんですけどね。

写真が暗くてイマイチですね…

自由研究もできる草木染め


草木染めは、自由研究にもおすすめですよ。
色を定着させるために金属系の薬剤を入れるのですが、鉄媒染、アルミ媒染、銅媒染で同じ植物でも違った発色になるのでおもしろいです。

似たような植物でも、枝豆の緑色の葉っぱはきれいな黄色に発色しましたが、同じように緑色の葛の葉っぱは薄黄緑色に発色するそう。

身近な植物でどんな色が出せるのか、興味深いです。

自由研究は子どものやりたいこと優先ですが、長男か長女が興味を持ってやってくれたらいいなぁ〜なんて思っています。

終わりに

かなり話がそれてしまいましたが、捨てられないTシャツは、長男が自分で染めたTシャツでした。

私が子どもの頃はそんなに思い入れのあるTシャツなんて着てなかったのでうらやましいです。

2軍に落ちても、着られなくなっても、思い出として残しておいてあげたいですね。


7月のZ会体験学習は寒天ゼリー!


7月のZ会の体験学習は、楽しいクッキング♪
季節のフルーツを使ってふるふるゼリーを作ろうってことで、はりきって体験しました!
おやつを作るってなると、子ども達もテンション上がりますよね。

果物を選びます


まずは季節の果物についてのお勉強をします。
イカやメロンなど、夏に売っている果物。
みかんやりんごなど、冬に売っている果物。

じゃあナシは?イチゴは?
何でバナナは一年中あるの?
おうちのイチゴは5月からとれるけど、お店では冬にいっぱい売ってるね。

ビニールハウスのことも交えてお勉強しながらフルーツを選びました!


フルーツをカットして寒天液を作ります。


メロンやスイカは器になるのでスプーンですくってちょうどいい大きさに。

寒天はぐつぐつしないと固まらないのでお鍋に入れて火にかけます。

フルーツの器に寒天を入れたらあとは固まるのを待つだけ。

感想

寒天は常温でも固まるので扱いやすいですが、食感は子ども達はゼラチンの方が好きみたい。
とってもパーティ感のあるゼリーが作れたので今度はゼラチンで作ってみようと思います。

最近よくキッチンでお手伝いしてくれる長女。
せっかく興味を持ってくれているので色々教えてあげたいですね(^^)


布団のダニ対策!一番大事なことは…


梅雨時から爆発的に増えると言われているダニ…
みなさん、どんな対策されていますか?
・布団乾燥機
・天日干し
・紫外線照射ができる掃除機
などなど、いろいろと方法はありますよね。
今日は布団のダニ対策についてまとめていきたいと思います。

ダニと怖いアレルギーの話

ダニ対策として大切なのは、生きたダニを駆除することと、ダニの死骸やフンを取り除くこと。
わが家もですが、子どもが小さい家庭ではアレルギーが気になりますよね。
実際は、生きたダニ自体がアレルゲンになることは少ないそうです。
ダニの死骸やフンを吸い込むことでアレルギーが引き起こされるので、ダニの駆除対策をした後には必ず掃除機をかけるのが必須なんです!

アレルギー対策としては、生きたダニを駆除するだけでなく、ダニの死骸やフンを取り除くことが大切なんですね〜

家庭で簡単に出来るダニ対策5選!

では、家庭で手軽にできるダニ対策をご紹介します。

天日干し

昔ながらの方法ですね。
しかし、残念ながら、殺ダニ効果は薄いと言われています。
天日干ししても、ダニはお布団の奥に逃げ込んでしまうのであまり効果がないということです。
ダニをやっつけるには50℃以上にする必要があると言われています。
そこまではなかなか上がりませんし、布団を痛めてしまうという欠点もあります。
ただ、ダニ対策としては不十分ですが、天日干しすることで湿気を飛ばすことができます。
湿気を好む雑菌対策としてはとても有効な方法ですよ。

布団乾燥機

少々コストがかかりますが、ダニ対策としては一番おすすめです!
高温になるのでダニを確実にやっつけることができますよ。
50℃以上、20分でダニは死滅すると言われています。
デメリットは機械を買わなければいけないので、保管場所が必要なことと、電気代。

しかし、最近はマットなしでホースを布団に差し込むだけのタイプが増えていますよ。
マットの保管が面倒で布団乾燥機を手放してしまった…なんて話も聞きますが、ずいぶんコンパクトになっています。

知人の家では、冬もお布団を乾燥機で温めて寝ると快適で手放せない!と、家族分の台数の布団乾燥機があるそうです。
そこまではしなくても、一家に一台あれば重宝しそうですね!我が家も購入検討中です。

薬剤で駆除

私はあまり使いたくないのですが、ダニ駆除剤を定期的に使用している知人もいます。
畳の目の中にいるダニやマットレスの奥のダニまで駆除できて安心だそうですよ。

燻煙タイプと煙が出ない霧タイプがありますが、火災報知器が作動しない霧タイプがオススメです。
徹底的にダニ対策をしたい方は使ってみてはいかがでしょうか。

ダニ取りマット

餌でおびきよせて、ダニを捕獲するシートです。
目に見えないので効果が分かりにくいのですが、他の対策と併用するとより安心感が増すかと思います。
単体で使用するだけだと少し心もとないように思うのですが(個人の主観です)我が家も枕の裏に貼り付けて使っています。

数ヶ月で取り替えないといけないのですが、忘れがちです…
ですので、日にちをしっかり書いておくことをオススメします!

紫外線照射の出来る布団クリーナー

有名なものでは「レイコップ」がありますね。
我が家も使っています。
温風が出るのでお布団が少しフカッとして嬉しくなりますよ。
ダニが取れているかどうかは目に見えないので分かりませんが、毎回細かいハウスダストがたくさん吸えます。
普通の掃除機に布団用ノズルをつけて使っていたこともあるのですが、断然布団用に作られたクリーナーの方がかけやすい、というのが使ってみた感想です。
保管場所や予算に余裕のある方にはオススメですよ!

古いお布団なら業者に頼む方法も

布団をクリーニングしてくれるサービスもありますね。
1回数千円と高額ですが、古い布団にはかなり効果的だそうです。
数年に1度くらい業者にお願いしてもいいかもしれませんね!

終わりに

我が家では、紫外線照射ができる掃除機とダニ取りマットを併用して使っています。そして時々天日干しします。
今回調べた結果、家でできるダニ対策として布団乾燥機がかなり効果的なことが分かりましたので、導入しようと思います!
ジメジメ暑い夏も快適に過ごしたいですね。



淡路島!シーグラスとおすすめスイーツ♪


3連休、海水浴したいと思っていたのですが、コロナが爆発的に増えているのでちょっと自粛しています。
コロナは感染すると周りに与える影響が大きいですよね。
我が家も先週は、小学生2人が同時に学級閉鎖になってお休みでした。
その後、保育園に通う次男も濃厚接触者になってお休み。
私も仕事を休まなければならなくなり、なかなか大変な1週間でした。

ということで、3連休はおばあちゃんのいる淡路島に行っても海水浴はやめて、人の少ない浜辺でシーグラス拾いをしてきました!


シーグラスとは


シーグラスというのは、ガラスのかけらが海で洗われて、削られて、角がとれて石のようになったもの。
すりガラスのような風合いになってとてもきれいなんですよ。
尖ったガラスのかけらが、長い年月をかけて自然に丸くなるので、大きいものから小さいものまで色んな形のものが落ちています。
ハート型のものなんかが見つかると嬉しくなりますよ!
淡路島の大阪湾側の海は、貝殻はほとんど見つかりません。
その代わり、特産品の瓦のかけらやガラスが丸くなったものがたくさん拾えます(^^)

淡路島でおすすめスイーツショップ、okashi labo kukulu

シーグラスを拾った帰りは、お気に入りのケーキ屋さんに立ち寄りました。
体に優しいスイーツを提供するケーキ屋さんです。
見た目もかわいいし、とっても美味しい!
スタッフさんの対応も親切で感じがいいのでまた行きたくなるお店です。
パフェがすごく美味しそうだったので、夏の間にもう一度行きたいなぁ…

立ち寄る際は、道が狭いのでご注意くださいね。

okashi labo kukulu(クークル)
兵庫県淡路市佐野1641-1
0799-70-5313
https://okashilabo-kukulu.com
定休日 月曜日〜木曜日
営業時間 11:00〜16:00

ポケモンマンホール「ルギア」


おまけで、ポケモンマンホールの写真を撮ってきました。
道の駅の中にあるので安全に車を停めることができます。
淡路市は、「ルギア」です。
ポケモンファンの子ども達は大喜びでしたよ!

終わりに

子ども達は、今回拾ったシーグラスを夏休みの工作に使うと張り切っています。
もうすぐ長い長い夏休み。
有意義に過ごしたいですね!


【レシピ】青じその塩漬け


7月に入り、植物達が元気に育ってくれています!
我が家では、家庭菜園の青じそが、毎日大量に収穫できます。
去年のこぼれ種から成長したものですが、家庭で食べるならじゅうぶん美味しいです。
農家さんに言わせると、こぼれ種では裏が赤くなるからダメらしいのですが、違いがよくわからないので我が家ではそのまま育てています。

そんな青じそを使って、長女の好物の塩漬けを子ども達に作ってもらいました!

めちゃくちゃ簡単で美味しいご飯のお供になりますよ。


材料

青じそ  適量
塩    適量
ごま油  適量

作り方


1.青じそをよく洗ってキッチンペーパーでふく
2.保存容器にパラパラ塩を振って青じそを並べる
3.塩を振って青じそを並べる、を繰り返す。
4.最後に好みでごま油をひとたらしして、冷蔵庫で保存!

次の日からは青じその塩漬けとして食べられます!

食べ方


長女はもっぱら海苔がわりにご飯を巻いて食べています。
色は黒ずんでしまいますが、チキンカツに挟んだり豚肉と合わせたり、何でも使えますよ!