やかまし山のこどもたち

田舎で子どもとハッピーに暮らす。

次男が濃厚接触者になった日

先週の水曜日、めったに送られてこない保育園からのメールが送られてきました。

f:id:mai_ko:20210917174248j:plain


保護者の一人が陽性になったのでお迎えお願いします、保育園は休園します。」


えっ…

突然のことで頭真っ白になってしまいました。


木曜日、「その保護者の子ども(園児)も陽性だったのでしばらく休園します」


しばらくしてもう一通、「陽性の園児は年中クラスです」


まじか、次男のクラス…保育園はノーマスクだから濃厚接触者確定じゃないか。


金曜日、「保健所からの口頭質問が終わりました。結果は明日になります」


土曜日夜、「年中クラスは全員濃厚接触者と認定されたので、日曜日にPCRキットを取りに来てください。月曜日に唾液を採取して持ってきてください」


そして水曜日、「全員陰性でした」


クラスターにならなくてほんとによかったです。保育園クラスター、増えてきていますよね。

園によって対応は異なるようですが、息子の通う保育園では4日間の休園と、休園明けの登園時には全園児がPCR検査の陰性診断書を提出しなくてはいけなくなりました。


この始めに感染が分かった保護者の方、PCRを受けた日にもお子さんを預けているんです。濃厚接触者になってPCRを受けたのか、発熱して受けたのか、それとも定期的に受けている方なのか。その日預けてなかったらみんな濃厚接触者にならなくてよかったかもしれないんじゃないの?

あまりにも被害が大きかったので悶々と考えてしまいました。

濃厚接触者は自宅待機なので2週間は次男は登園できません。


学校は陰性が確認されたら登校できるようで、二人は昨日から通常通りに学校に行きました。ホッ…


夫の会社も学校がいいのなら…ということで出勤。


パートの私が次男と一緒に自宅に残る事となりました。


しかし、こんなことが何回もあったらもう仕事は出来ませんね。クビ切られてしまいますよね。

今までどこか他人事だったコロナが間近にせまってきて、改めて恐怖を感じた1週間でした。

感染の恐怖というよりは、その影響力に対する恐怖ですが。



願わくば、早くコロナが終息して平穏な毎日が戻りますように。

f:id:mai_ko:20210916231927j:plain