やかまし山 田舎暮らしと子育てブログ

兵庫の田舎での3人の子育て。田舎ならではの暮らしや植物の情報、子どもとの毎日について。

家の中でのコロナ対策

こんにちは、パート主婦のマイコです。
f:id:mai_ko:20210929085815j:plain:h240
次男の濃厚接触者期間がやっとおわり、金曜日から保育園に行けるようになってしばらくたちました。
2週間の休みは長いですね。

仕事はお休みしなくてはならないし、接触しただけでも周りに与える影響が大きいので、かからないように感染対策がまだまだ必要だと思いました。

今回、突然濃厚接触者と言われてかなり慌てたのですが、その時に調べたり看護師の義母から聞いて実践した対策をまとめてみました。

マスクは不織布!

ずっと布マスクだったのですが、子ども達は2学期から不織布マスクを使っています。
学校からも、出来れば不織布で…というプリントをもらってました。
布やウレタンのマスクよりもガード力が高いということはよく言われています。
ただ、使い捨てなので5人家族で毎日一枚ずつ使っていくと30枚入りのマスクが1週間もたないんですよね(^_^;)
我が家は通販で大量買いしました。

実際、店頭で買うとサイズが合わなかったりでけっこう失敗しているのですが、今回は口コミを参考にして買ったので、ピッタリのものが買えました。

[2個以上購入&クーポン利用で500円OFF!] マスク 不織布 120枚入 ふつうサイズ 不織布マスク ディスポーザブルプリーツマスク 使い捨てマスク 普通 小さめ 学童 子ども 20PN-120PM プリーツ型 ディスポーザブル アイリスオーヤマ

価格:1,780円
(2021/9/28 22:02時点)
感想(43件)



洗い物や洗濯物をためない

きっと出来る主婦の方々には普通のことかもしれませんが、いつも以上に洗い物や洗濯物はこまめにして、
ためないように心がけています。


車の中には手拭きと除菌スプレー

車での移動が多いので、どこかに立ち寄った時にさっと拭けるといいですよね。
子どもはすぐ口元や鼻を触るし、おやつを食べたがったりするのでとても重宝です。



家に帰ったらまずお風呂

これはインフルエンザのシーズンにも義母から言われて実践していたのですが、帰ったらまずお風呂で全身洗うといいそうですよ!
髪の毛や服に付着した菌を家のあちこちに持ち込まないという意味で、とても安心感があります。

子ども達も面倒くさがりますが、夜の時間がゆったりできて長く感じるのでけっこうすんなりと入ってくれます。


整理整頓、拭き掃除
恥ずかしながら、私は整理整頓が苦手でおうちの中も散らかしがちなのですが…
この濃厚接触者期間にお片づけ本などを見て家中の整理整頓をしました。
感染症対策にはまずは掃除が肝心だと思うので、片付けやすい収納にして、掃除のしやすい家にしておけば、毎日の掃除がラクですよね。

そして、家族がよく使う場所をアルコールで拭くことにしました。
リモコンや、玄関のドアノブ、トイレ、洗面所のレバーなど、あちこちアルコールでふきます。
パソコンのキーボードなど、今までけっこう汚れていたようで、何度か拭くうちに新品のようにキレイになりました。


我が家は家の中での隔離が難しいので、「持ち込まない」対策だけしっかりやろうと思います。

誰か一人がかかったら…

もうみんなで寝込むしかないですね…

親が寝込んだ時用に、すぐに食べられる非常用の食材も、たくさん備蓄してあります。

最近導入したウォーターサーバーも、病気の時には心強い味方です。
小学生ならカップラーメンくらいは自分で作って食べてくれますよ。


ワクチンも大切だとは思いますが、それで安心せずに、感染症対策はしっかりと行いたいものです。

願わくば、かからずに過ごせますように。