やかまし山のこどもたち

田舎で子どもとハッピーに暮らす。

今年初の薪ストーブ

こんにちは。
先週あたりから急に寒くなりましたね。
我が家では毎年11月に入ってからストーブを焚くのですが、今年は急な温度変化に耐えきれず、昨日から稼働してしまいました。

火は見ているだけでなんだか暖かくなります。

f:id:mai_ko:20211023174447j:plain:h240

薪ストーブのいいところ

我が家の周りは田舎暮らしに憧れて移住した人が多いためか、薪ストーブのおうちがたくさんあります。
薪ストーブのいいところは、なんといっても暖かいところですね。
遠赤外線効果で体の芯から温まります。

そして、消した後もストーブ自体が熱を持っているので暖かさが続きます。
寝る前にたくさん薪を入れておくと、朝までほんのり暖かいです。

時々、中に芋を入れて焼き芋したり、ピザを焼いたりします。
焦げてしまうことも多いのですが、うまくいったらとっても美味しいです♪
ストーブ料理はちょっとしたイベントになるので楽しいですよ。
f:id:mai_ko:20211023201351j:plain:h240

薪ストーブのちょっと困るところ

温かさが持続する反面、薪ストーブはすぐ消せないんです。
燃え始めたらどんどん燃えるのみ。
温度調節はできません。
なので、よく燃やしすぎて熱くなってしまって真冬に窓を開けています(^^;)

薪の確保も少し大変です。
薪ストーブ用の薪には広葉樹を用意しなくてはなりません。針葉樹では温度が上がりすぎてしまうのでストーブが傷んでしまうのです。
松などは特に、マツヤニがよく燃えるのですが、煙突にすすがこびりつくのでご法度です。

我が家では周囲の方に、木を切る時には声をかけてもらって少しずつ調達しています。
薪割りをしてから1年〜2年、しっかり乾かした薪を使うので家の塀がわりに薪棚を設置しています。



終わりに

昨年はおうちで過ごすことが多い冬でしたが、今年の冬はどんな感じになるでしょうね。
せめておじいちゃんに会いに行ったり初詣に行ったり、少しお出かけも楽しめるといいですね。
世の中がどんな風に変わっていくかは分かりませんが、せめて家の中は暖かく、楽しく過ごしたいと思います。