やかまし山 田舎暮らしと子育てブログ

兵庫の田舎での3人の子育て。田舎ならではの暮らしや植物の情報、子どもとの毎日について。

1年生の遊ぶ約束

こんにちは!3人の子育て中のマイコです。
今日はお友達との遊ぶ約束の仕方についてです。


我が家の事情

我が家の長女は小学1年生です。

保育園から同じ小学校に行く子がいなかったので、はじめは心配だったのですが、あっという間にお友達が出来て今はとても楽しく過ごしているようです。

我が家の子ども達が通う小学校は校区が広く、バス通学の子もいます。
高学年の授業が終わってから一緒にバスで帰るので、バス通学の子は毎日4時に帰ります。
我が家の子ども達はバスではないのですが、お兄ちゃんと帰らせてもらうようお願いしているので4時まで校庭で遊んでから帰ってきます。

家に帰ってから友達と遊ぶことがなかったので
約束をすることもこれまでなかったのですが…
f:id:mai_ko:20211026151705j:plain:h240

突然の来訪者

ある土曜日、突然長女のお友達が遊びにやってきました。「約束してる」というのですが、長女は、「そんな約束したかな?」という状態。
その日は習い事があって遊べなかったので、ついでに車で送っていきました。

ママ友たちとその話になったとき、みんな「あるある」というのです。
ちょっと先輩のママは、「会えなくてよく泣きながら帰ってきたわ〜」と振り返ります。

そうなんだ!!1年生あるあるだったのか!
とそのとき初めて知りました。

長男はマイペースな子でおうち大好きなので、友達と約束してきたことがなかったのです。

1年生の約束の仕方

どうも、1年生の約束は「明日遊ぼうね」「いいよー」くらいの約束で、何時にどこでというところまでは気が回らないようです。
そして、自分の予定も把握していないのでたびたびすれ違ってしまうようです。

保育園のときは子ども達の交友関係は全て把握していました。遊ぶとなれば、親同士が連絡を取り合って場所を決めたり、送迎したりしていました。

小学校に入ったとたん、親御さんとの面識はないけど仲良し、という子ばかりになってしまいました。
特に今年は、コロナの影響でことごとく参観日などが中止になり、親同士の交流がほとんどなかったんですよね。
f:id:mai_ko:20211026151758j:plain:h240

親のフォロー

今回のことがあって、長女には約束する時には、
「何時に」「どこで」
をしっかり決めてくるように教えました。
「ごはんのあとで」ではなく、「1時に」など具体的に。

そして、我が家の予定を改めて伝えました。
「土曜日はお兄ちゃんの習い事があるから送迎できないから約束してこないでね。」
などなど。

今度の音楽会のときに他のお母さん達とLINEを交換してもらおうと思っています。
何かあったときのために、連絡先を知っておかないと、ですよね。
今は連絡網などないですから。

終わりに

小学校に入学してから今まで、とても楽になったなぁと感じていたのですが、まだまだ親のフォローが欠かせないのが1年生ですね。
今回のことがあって、それに気づけてよかったです。
友達関係に親が入っていけるのも今のうち。しっかり教えてあげようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。