やかまし山のこどもたち

田舎で子どもとハッピーに暮らす。

【レシピ】セリアの型で作る マボンヌ

先日、久しぶりにセリアに行くとかわいい製菓型がいっぱい売っていました!
私も最近お菓子熱が再燃しているのではりきってたくさん買ってしまいました。

その中の一つ、シリコン製の型を使って、今日は冬にぴったりのお菓子を作りました!
f:id:mai_ko:20211109222610j:plain:h240



マボンヌとは

フランスのチョコレート菓子です。
ボンはフランス語で美味しいの意味。
ミルクチョコレートの中にナッツやマシュマロが入っています。

ナッツがザクッ!マシュマロがクニュ!と、食感が楽しいお菓子です。

ぜひ美味しいチョコを使って作ってください。
専門店にも負けない最高の贈り物になりますよ。
私のいつも購入する通販サイトはこちら。
プロも使う良質な材料が少量から手に入ります。



材料

クーベルチュールミルクチョコレート 150g
生クリーム(38%) 70g
ローストアーモンド         45g
マシュマロ             35g

クーベルチュールミルクチョコレート(コーティング用) 適量

※今回はホワイトチョコでコーティングしました。スイートやダークよりクリーミーなチョコの方が合う気がします。

作り方

1.マシュマロとアーモンドは刻んでおく。
セリアの型で作るなら1/4くらい。



2.ミルクチョコレートを刻み、60℃くらいの湯煎にかけて溶かす。
f:id:mai_ko:20211109203058j:plain:h240
チョコレートに蒸気は大敵です。
ボウルより小さいくらいの鍋で湯煎するのがオススメです。
3.生クリームをフツフツするまで温め、1.のチョコレートに少しずつ加え、泡立てないようにホイッパーで混ぜる。

4.粗熱がとれたら1.を加え、軽く合わせて型に流し入れる。
冷蔵庫で冷やし固める。
f:id:mai_ko:20211109203227j:plain:h240
5.型から外し、テンパリングしたチョコレートでコーティングする。

⭐︎テンパリングのやり方

チョコレートを60℃くらいの湯煎で溶かす
溶けたチョコレートは50℃
         ↓
氷水にボウルをつけてよくすり混ぜ、25℃まで温度を下げる
         ↓
再び湯煎につけて28℃まで温度を上げるとツヤのある状態になるので、テンパリング完了!


この、一度温度を下げる作業をしないとチョコレートが白浮きしてしまいます。(ブルームといいます)
コーティングチョコレートを使うとこの作業は省けるのですが…やっぱり普通のチョコレートの方が美味しいです。

もっと簡単に、ココアパウダーをまぶしてもかわいく仕上がります♪
f:id:mai_ko:20211109202258j:plain:h240

終わりに

このチョコレート菓子は、バレンタインやクリスマスなどのプレゼントにもオススメです!

断面がかわいいので、大きめに作ってカットして食べてもらってもいいですね♪


最後まで読んでいただきありがとうございます!ぜひ作ってみてくださいね。