やかまし山 田舎暮らしと子育てブログ

兵庫の田舎での3人の子育て。田舎ならではの暮らしや植物の情報、子どもとの毎日について。

今日は七草がゆの日です

今日は1月7日ですね。
今日は七草がゆをいただく日です。
子どもが生まれるまでは興味のなかった行事なのですが、子どもには一通りの伝統行事を教えてあげたくて、1月7日の朝は七草がゆを作っています。


七草がゆの由来

お正月に疲れた胃袋を休めるためのお正月行事かと思っていたのですが、実際は違うようです。

人日の節句(じんじつのせっく)」という、中国から伝わった行事食なのだそうです。
古代中国では、元日はトリ、2日はイヌ、3日はイノシシ、4日はヒツジ、5日はウシ、6日はウマ、7日はヒトの日として、それぞれの占いをしていたそうです。
そして、人日の日には、7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うという習慣もありました。

これが、奈良時代の若菜摘みという行事とつながって、現在の七草がゆになったと言われています。
f:id:mai_ko:20220107005440j:plain

春の七草とは

七草がゆに使われるのは、春の七草と呼ばれる若菜です。

「せり なずな 
ごぎょう はこべら 
ほとけのざ
すずな すずしろ これぞ七草」

和歌のように語呂よく覚えられますよね。
私も、小学生のころに祖母から教わりました。

ちなみに、
すずな=カブ
すずしろ=大根
です。

せりは、水辺に生えるいい香りのする植物です。
次の4種は、よく庭に雑草として生えてくる草花ですね。

七草がゆのレシピ

中国から伝わった文化なので、中華がゆのような味付けにして食べるのがおすすめです。
普通におかゆで作っても、葉っぱの入った味気ないおかゆでは子どもは食べてくれませんでした…

鶏がらスープのもとでちょっと濃い目のスープを作り、そこに冷ご飯を投入します。

煮ている間に七草を刻み、最後におかゆに入れて、さっと煮ます。

煮込みすぎると色が悪くなるので注意です!

最後にごま油を少し垂らすと美味しいです。

我が家では卵を入れることも多いです。

終わりに

最近ではフレッシュな七草がセットになって売られています。
フリーズドライの七草は、より手軽です。

今年一年の無病息災を願って、1月7日の食卓に七草がゆはいかがですか?

にほんブログ村 料理ブログへ