やかまし山のこどもたち

田舎で子どもとハッピーに暮らす。

新しいご飯炊き用の土鍋!はじめのお手入れは?

先日、土鍋の内蓋が割れてしまい新しい内蓋を購入したのですが、同時にひと回り大きい土鍋を新調しました!

5人家族なので、おかわりしたくなるおかずの日は足りなくて冷凍ご飯を足したりしていました。
5合あれば、カレーの日も大丈夫ですね!
新しい土鍋と、使いはじめのお手入れ方法をご紹介します。


長谷園の土鍋「かまどさん」

購入したのは、長谷園の「かまどさん」5合炊き 22,000円(税込)

古い3合炊きの土鍋と比べると、かなり高さが違いますね。
口径も少し違います。

5合炊きですが、3合から5合まで好きな量が炊けます。
今までの3合炊きでは3合の炊き込みご飯を炊こうとするとうまく対流しないのか、お米に芯が残ることがありました。
5合炊きは、マックスで炊いても上部に余裕があります。
高さがあるので炊き込みご飯もやりやすいですよ。

3合炊きの土鍋の内蓋も届きました


サイズを測って注文した3合炊きの土鍋の内蓋も届きました!
以前のものよりも重くなったように思います。
ぶつけた時の音も、今までより高くて土の密度が高い感じ。
裏も、ちょっとリニューアルされてました。

以前のものは、真ん中だけ釉薬がかかってなくて印があったのですが、真っ黒に。
シンプルですね。
印がない分、洗いやすさはアップしています。

土鍋の使いはじめはお粥から

土鍋の使いはじめは、「目止め」という作業が必要です。
はじめにお粥を炊くことで、米のでんぷん質が土鍋の細かい気孔を埋めてくれるので、水漏れの心配がなくなりますよ。
1.土鍋をよく洗い、乾燥させる。
2.土鍋に8分目ほどの水と水の量の5分の1ほどの冷ご飯を入れます。
3.ざっと混ぜてご飯をほぐして上蓋だけして弱火で炊きます。
4.ゆっくり炊き込んで、炊き上がったら1時間以上放置します。
5.土鍋がしっかり冷めたら、中身を出して土鍋を洗います。

お粥は食べられるので、初粥、しっかりいただきましたよ。
5人で食べても余るくらいたっぷりお粥が炊けました。

じっくり弱火で炊くので時間はかかりますが、土鍋ははじめのお手入れが重要です。
これで明日から美味しいご飯が食べられますよ♪

おいしいご飯の炊き方

かまどさんは、使い方がとても簡単です。
ご飯を洗って水加減をしたら、しばらく浸水させて中火~強火にかけます。
上蓋と中蓋の穴の位置を合わせることで、ほどよい圧がかかっておいしく炊けるんだそうですよ。
https://www.igamono.co.jp/_src/1560/nh_pro_kamado_futa.jpg?v=1648963265886
かまどさん|伊賀焼窯元長谷園【公式】より

3合炊きの場合、11分ほどで蒸気が勢いよく出てきます。
蒸気が出て1分ほどで火を止めて、そのまま放置して15分ほど蒸らせば完成ですよ。
いつも同じ火加減なので、コンロタイマーを12分にセットして勝手に消火してくれるようにしています。
簡単で美味しく炊けるのでお気に入りの土鍋です。
炊飯器よりも早く炊けるのでおすすめですよ♪

まとめ

新しい土鍋のお手入れの仕方についてご紹介しました。
はじめのケアが大切です。
「目止め」のお粥をじっくりしっかり炊いてから使ってくださいね!
かまどさんは、長年使っていますが簡単でとってもおすすめです。
3合炊きは10年以上使っていますので、5合炊きも末永く使い続けたいと思います。

先日の記事はこちら。
良かったらご覧ください。
yakamashiyama.com