やかまし山 田舎暮らしと子育てブログ

兵庫の田舎での3人の子育て。田舎ならではの暮らしや植物の情報、子どもとの毎日について。

みんなでお揃いで染めた特別なTシャツ

今週のお題、捨てられないTシャツといえば、長男のTシャツを思い浮かべます。
2年生まで児童クラブに行っていたのですが、そこで夏休みに毎年作っていた思い出のTシャツです。


何年経っても意外と着れてしまうのがTシャツ


タイトな造りではないからでしょうか。
洗濯するうちに伸びてしまうのでしょうか。
Tシャツって意外と長期間着れてしまいますよね。

今はもう小5になる我が家の長男ですが、1年生の時のTシャツも着れてしまいます。
写真の右側なので、もう色褪せて模様も見えないくらいですが…
写真の左側、2年生の時のものは、6月まではばりばり1軍。ヘビーローテーションで活躍していました。
6月に2軍落ちしたのには理由があります。

自然学校で染めた藍染めTシャツ


今年、長男は自然学校の年でした。
これまでは1週間くらいの行事だったのですが、今年は2泊3日の短縮日程。
でも、その代わりに前後に自然学校的な行事をすることになっていました。
長男の場合、自然学校前に藍染めで全員おそろいのTシャツを作ってきました!
けっこう濃く染まっていていい感じ。

クラス全員でお揃いっていうのも、うれしいですよね。
今の6年生も去年藍染め体験をしたのですが、今でもみんなよく着て登校しています。

我が家の子ども達の通う学校は、田舎なので少人数。
30人程度の1クラスか20人程度の2クラスしかありません。
長男は1年生の時からずっと1クラスでめちゃくちゃ仲の良いクラスなので「おそろい」がうれしいんですよね。

長男もかなり気に入ったようで、児童クラブで作ったTシャツはあっという間に2軍落ちです。

染めて出せる色

染め物の色も親子そろって大好きです。
いいですよね〜、藍染めのこの色!
私も染め物が好きで以前枝豆染めをしたことがあります。
長男のTシャツも染めましたが、けっこう気に入ってよく着てくれています。
yakamashiyama.com

藍染めもしたいと思って藍を育てているのですが、家庭で出来るのは生葉染めなのでこんなブルーは出せません。
昨年染めたストールはこんな感じの色でした。これはこれでいいんですけどね。

写真が暗くてイマイチですね…

自由研究もできる草木染め


草木染めは、自由研究にもおすすめですよ。
色を定着させるために金属系の薬剤を入れるのですが、鉄媒染、アルミ媒染、銅媒染で同じ植物でも違った発色になるのでおもしろいです。

似たような植物でも、枝豆の緑色の葉っぱはきれいな黄色に発色しましたが、同じように緑色の葛の葉っぱは薄黄緑色に発色するそう。

身近な植物でどんな色が出せるのか、興味深いです。

自由研究は子どものやりたいこと優先ですが、長男か長女が興味を持ってやってくれたらいいなぁ〜なんて思っています。

終わりに

かなり話がそれてしまいましたが、捨てられないTシャツは、長男が自分で染めたTシャツでした。

私が子どもの頃はそんなに思い入れのあるTシャツなんて着てなかったのでうらやましいです。

2軍に落ちても、着られなくなっても、思い出として残しておいてあげたいですね。