やかまし山 田舎暮らしと子育てブログ

兵庫の田舎での3人の子育て。田舎ならではの暮らしや植物の情報、子どもとの毎日について。

【レシピ】夏野菜大量消費!きゅうりの1本漬け


セミが鳴き出して暑さ倍速!夏らしくなってきました。
畑では、トマトやキュウリが続々と収穫されていきます。
私はキュウリを作るのが苦手で毎年何か病気が入ってあまり収穫できないのですが、今年は大量!!
野菜達、みんな元気です。
大量にとれるのはいいけれど、大量消費はなかなか大変。うれしい悲鳴ですね。
今回は、大量のキュウリを山で食べるお漬物風に1本漬けにしました!

レシピ

レシピというほどではなく、簡単なお漬物です。
出汁を効かせた薄味仕立てにしたいので、白だしを使いました。
味を見ながら調節してくださいね。

材料

キュウリ
塩    
白だし  
みりん  少々
お酢   少々
鷹の爪  少々

作り方

1.塩、白だし、みりんを鍋に入れ、白だしの表示の半分くらいの水を(10倍希釈なら5倍希釈になるように)入れて一煮立ちさせ、お酢を入れる。
キュウリで薄まるのでけっこう濃い目に作ります。

2.キュウリは虎模様にピーラーで皮を剥き、両端を切り落とす。
曲がってるものは適当に切ると漬けやすい。

3.作った出汁にキュウリを投入!
はみ出すようならしばらくしたら前後を入れ替える。
昆布で蓋をしても美味しいけれど、最近昆布が高いのでやめました。

写真は入れすぎてますね…
この後タッパーに上下を返して漬け込みなおしています。
しっかり冷やして食べてくださいね!

食べ方

昔、伊吹山登山をした時に山頂で食べたキュウリをイメージしています。
疲れた体に出汁の味が沁みて美味しかったんですよね。
夏の観光地でも売ってたかな?
漬かったキュウリにお箸を刺して、ボリボリ丸かじりでいただきます。

夏場の水分補給がわりにもおすすめですよ。
さだぱりした出汁の味は子ども達にも大人気!
ぜひぜひ作ってみてください。



にほんブログ村 料理ブログへ